鍵のトラブル解消~鍵解除ロックンロール~

鍵を開けている男性

構造を理解する

大きな鍵と小さな鍵

ドアノブの構造を理解することが重要

ドアノブ交換を自分でやる場合、注意すべき点がいくつかあります。ドアノブの構造は複雑でいろいろなタイプがあります。「デザインが気に入ったので購入したが、取り付けようとしても構造上取り付けられない」と言った失敗がよくあります。したがって、ドアノブの構造をよく理解した上でドアノブ交換を行うことが重要です。 新しいドアノブを購入する際には、事前に確認しておく項目がいくつかあります。それは、ドアの厚み、バックセットと呼ばれるドアノブの中心からドアの端までの距離、それからフロントと呼ばれるドアの側面にある金属製の化粧板の形状とサイズです。最低限これらが合わないとドアノブ交換は出来ません。ドアノブによっては他にも確認しておく項目がありますので、製品のパッケージに書かれている注意書きには必ず目を通してから購入するのが賢明です。デザインより先にドアの規格に適合したドアノブを選ぶことが上手なドアノブ交換のコツと言えます。

最新のドアノブはセキュリティ性が格段に向上しています

20年ほど前までは、一般住宅のドアノブと言えば手で握って回すタイプが主流でした。その多くがドアノブに鍵穴が付いているタイプのものでピッキングされやすいと言う欠点がありました。そこで、防犯性を向上させたレバーハンドルタイプに切り替わり、今ではほとんどのドアノブがこのタイプになっています。中には鍵穴が2箇所のものもあり、セキュリティ性は一段と高くなっています。また、レバーハンドルは比較的壊れにくく手に馴染んでドアを開けやすいと言う利点もあります。 最近では、ホテルで使われているようなカード型のキーや車のキーレスエントリーのように鍵を持っていれば差さなくてもロックが解除されるタイプが出てきています。さらには、指紋認識技術を応用したキーまで開発されています。これらのキーが付いたレバーハンドルタイプに交換すれば、セキュリティは格段に向上し安心安全な住まいが実現出来ます。

料金を把握する

自分の鍵

鍵のトラブルを解決するためのサービスを行っている鍵の救急車は多くの人が利用している高い人気があるサービスです。サービスを利用する時に発生する料金の相場を把握しながら予算を考えることが大切です。

Read more

業者の施工

家の鍵

ドアの交換により、扉の開閉を自由に行えるようになります。ドアノブがサビにより開けづらい場合や、蝶番が歪んで扉が締めづらくなるなど、問題が発生した場合は業者に頼み、修理と交換を行いましょう。

Read more

鍵開け業者を利用する

玄関を開ける

鍵は、いろいろな場所で利用されています。しかし、時には、壊れることもあります。そういった鍵のトラブルが有るときには、鍵開け業者などを利用することで解消することができます。最近では、ネットで業者を見つけることが出来ます。

Read more

↑ PAGE TOP